設備を一新「スケルトンリフォーム」

設備を一新「スケルトンリフォーム」

原状回復、入居、経年劣化

不動産賃貸における原状回復とは、賃借人(借りている人)は賃貸借契約終了時に、賃貸人(貸している人)に対して明け渡しの義務を負っており、賃借人はただ明け渡せば良いのではなく、明け渡しの際に借りた時の状態に現状復帰する義務を同時に負っているのです。
これが不動産における原状回復です。 この原状回復義務の範囲は「賃借人の住居・使用により発生した建物価値の減少のうち、賃借人の故意、過失、善管注意義務違反、その他通常の使用を超えるような使用による損耗・毀損」と定義されています。

スケルトンリフォームのメリット

「リフォーム」「リノベーション」「スケルトンリフォーム」と、施工内容によりその名称は異なりますが、全てを一新するスケルトンリフォームには多くのメリットがあり、その一部をここでご紹介致します。

  • 室内の全てが新築同様に

    スケルトンリフォームは、構造体のみを残し全てを一新するフルリフォームです。老朽化した給排水管や電気配線などの全てを新設するため、新築同様の仕上がりで、安心して長期利用が可能です。

  • デザインの自由度が高い

    部分的なリフォームではできなかった「こだわりのデザイン」も、躯体から新設するスケルトンリフォームなら、ご希望に合わせて一から創り上げていくことが可能です。壁紙や床の面材はもちろん、キッチンや洗面化粧台、建具までご希望のデザインに一新できます。

  • 間取りの大幅変更も

    通常のリフォームでは、給排水管の位置を大きく動かすことが出来ず、キッチンや浴室などのレイアウトの変更は容易ではありませんでしたが、スケルトンリフォームでは躯体から新設するため自由度が高く、ご希望の間取りに変更することが可能です。

  • 遮音性や断熱性の向上

    部分的なリフォームで遮音性を高めることは容易ではありませんが、スケルトンリフォームなら比較的簡単に遮音性を高めることが可能です。天井・壁・床等、気になる箇所の防音対策で静かな暮らしを実現します。また同時に、断熱材をしっかりと入れることで断熱効果を飛躍的に高め、省エネルギーで「夏涼しく冬暖かい」理想の暮らしを実現します。

  • 耐震補強工事やバリアフリーも

    構造体まで解体するスケルトンリフォームなら、リフォームでは容易ではなかった耐震補強工事も、構造躯体をしっかりと確かめながらの施工が可能です。また、段差を解消するバリアフリー工事も容易に行う事ができ、暮らしのスタイルに合せたお部屋に生まれ変わらせることが出来ます。

  • ランニングコスト・メンテナンスコストの低下

    全ての設備を新設するスケルトンリフォームは、部分的なリフォームや改修と違い、定期的なメンテナンスに要するコストが大きく減少します。部分的なリフォームや改修と比較すると初期費用は大きく掛りますが、長期的な運用を考えるとトータルコストが安くなることも多々あることから、原状回復パートナーズでは思い切った導入をお奨めしています。また、断熱効果による省エネで電気代の節約にもつながり、費用対効果は更に高まります。

原状回復パートナーズがご提案するスケルトンリフォーム3大特長

  • 全ての設備&施工に1年補償で安心

  • 大手リフォーム会社の20〜30%引きの低価格設定

  • 自社施工で責任あるアフターフォロー

スケルトンリフォームの流れ

50㎡程度の住居の場合

簡単 無料 即対応 見積り依頼フォーム